平成22年1月2日土曜日

スチュウ監督のインディーズ映画「ヴァンヴォンハンター」のクリップ映像


年が明けて皆さんが軌道に乗り忙しい毎日が始まるでしょう。私も今年色々頑張らなきゃ!って思っています。特に最近の出版不況で「売れる本」が中々でないし、デジタルのビジネスモデルも試行錯誤のまま(海賊版でやられているし)。その中で、自分の夢である映画監督とプロデューサーの仕事が挑戦中です。 初ハリウッドプロデュースの映画「プリースト」 が今年の8月20日に全米公開されるし(今後の「スチュウ通信」に紹介します)、前回の「スチュウ通信」のネタにしたインディーズで撮った長編映画「ヴァンヴォンハンター」を小規模で全米のプロモツアーとウェブ活動をこの春から始めます。

この「ヴァンヴォンハンター」という映画を撮り始めてから完成するまで2年半がかかってしまった。その間に失敗したことが多くて辛い勉強しました。次回の撮る映画は「ヴァンヴォンハンター」でやってしまったことを色々避けることができると思っています。それに「やってよかった」という点もあって、コツを身につけるのにやるしかないことが沢山あるでしょう。

有名な俳優がいなくてジャンルも曖昧でそれに初監督という弱点が多い映画です。ちょっと長過ぎると振り返って思ったり、SDのカメラを使ってしまった場面が恥ずかしかったり、「売れる映画」にもなりにくいでしょう。それに、アート映画でもないから「賞を取る映画」にもならない。だが、日本のことが好きなアニメ・マンガファンには味わってもらえるのかと期待しています。この春からファンコンベンションで上映したり、インターネットで流したり様々な実験します。映画ってやっぱり「作る」だけではなく「売る」ということを最初から計画していないといけないってはっきり分かりました。

これから「ヴァンヴォンハンター」を売ってみますが、また勉強ばっかりになるでしょうね。さて、最初のクリップ3つ(予告ではなく本編の抜粋クリップ)をアップしています。まだ正式な公開をしていないので、「スチュウ通信」で初めて発表します。日本人の感覚ではどう思われるか分かりませんが、是非ご意見を下さい!(それに、フェイスブック利用者ならファンページもここです)。